インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【小売】インドのSpencer’s Retail社、今後4年間で売上500億ルピー目指す

インドのRP-Sanjiv Goenka グループ傘下にあるSpencer’s Retail社は現在、急成長の軌道に乗っている。同社は次期四半期(2014年4~6月)にはハイパーマーケット事業において黒字転換を見込んでおり、今後4年後までに全体で売上高500億ルピーを目標としている。

同社のCEO、Mohit Kampani氏によると、同社は現在、29,000平方フィートあたりのコンパクト型ハイパーマーケットの展開に注力している。今後4年間で各店舗あたり4,000万から5,000万ルピーを投資し、新たに80~100店舗を開設する計画だ。また、同社は食品と飲料事業において自社ブランドや共同ブランドの開発も視野に入れている。

現在、同社は合計132店舗をインドで展開しており、その内、ハイパーマーケットが26店舗、スーパーマーケットが14店舗、そしてコンビニ形式の小型店舗が92店舗を占める。主にインド北部、東部と南部地方に展開しており、Kampani氏によると西部への展開は検討していないとのことだ。

同氏は「今年中に9店舗のハイパーマーケットを新たに開店し、来年は15店舗追加する予定だ。内部では、年間売上100億ルピーを目標として掲げている」と語った。

同社は自社の競争力を強化するため、昨年、大手コンサルティング企業であるBoston Consulting Group社と契約しており、強固なプロセスの構築や、情報分析、空間管理、デザイン、ITや新システム等の基盤強化に積極的に取り組む予定である。

一覧に戻る