インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【文具】シヤチハタ社、インドの文房具市場に参入

文房具メーカー、シヤチハタ社はArtline India社との提携によりインド市場へ参入することを発表した。インドで事業展開する日系文房具メーカーとしては、2011年にCamlin社の株式の過半数を買収したコクヨのインド法人Kokuyo S&T社に続きシヤチハタ社が二社目となる。

シヤチハタ社のDirector、Yasuji Mori氏は、「過去15年間、インドではチェンナイ近辺の工場における製造・輸出を中心に展開していたが、今後はインド国内の市場に注力していく。」

Artline (India)社のSales部門General ManagerのBiju Oommen氏は、「インドの文房具市場は約700億ルピーであり、さらに12%程度成長すると予測されている。」とコメントしている。「我々は筆記用具や色塗り材、教育機関用製品などの文房具市場において、今後3-4年で約20%のシェアを獲得することを目標としている。」

同社はチェンナイ工場で国内市場向け製品を製造する予定であるが、将来的にはアウトソースも視野に入れている。同工場は現在、一ヶ月あたりマーカーペン300万本の生産能力を保有している。2014年度の第1四半期には、ペン、クレヨン、オイルパステルや三角定規・コンパスセットなどの製品の製造および発売を開始する予定だ。

インド市場進出にあたり、同社はまずインドで最も発展している30の都市に注目している。対象としている30都市には合計200ほどの文房具流通業者が存在し、文房具販売店は5万店舗存在する。さらに、同社は200の中小都市における15万店舗にも流通を拡大させる予定である。

1925年に創業したシヤチハタ株式会社は、朱肉やスタンプ台を使用しない「ネーム印」の発明者であり、日本を代表する筆記用具メーカーである。同社は現在75か国に展開しており、2013年度の総売上高は1億7,000万ドルに上る。

一覧に戻る