インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【化粧品】資生堂、新ブランド”Za”をインドで展開

日本の大手化粧品メーカー資生堂は、富裕層および中間層向けのスキンケア・化粧品ブランド”Za”をインド市場で発売し、2014年までに国内の販売店舗250店で展開していく計画を打ち出した。

同社の取締役執行役員常務、岡沢雄氏は、「新ブランド“Za”は、2014年度第2半期に発売される予定だ」と述べる。「インドは当社にとって重点市場である。我々は2001年にインド市場へ進出しており、今回の新たなブランド展開によってさらなる事業拡大を狙っている。」
現在、”Za”ブランドの製品は世界12カ国で展開されており、インドは成功の見込みがある潜在市場として期待されている。また同氏はインドの化粧品業界における最近の新たな動向について、下記のように述べる。
「近年インドでは、可処分所得の向上、近代的なライフスタイルの推進や消費者の関心の上昇など、様々な要因が重なり消費者行動は変化している。結果として、海外ブランドに対する需要も高まっている。」

同氏によると、同社のフラグシップブランドである”Shiseido”は、現在の流通業者Baccarose Perfume & Beauty Products社を通じて引き続き展開される予定だ。”Shiseido”ブランドは高級ブランドショップのみで販売されており、その市場でのブランド確立に注力している。同ブランドの販売店舗は、現在国内で30店舗程度である。

1872年に設立された資生堂は世界大手の化粧品メーカーであり、グループの傘下では”NARS”、”Bare Escentuals”や”Beaute Prestige International(BPI)”などを始めとした100以上のブランドを抱えている。同社は世界121カ国において事業展開しており、売上高は70億ドル以上に上る。

一覧に戻る