インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【小売】Big Bazaar、プレミアム商品の値下げで中間層の獲得を狙う

独立記念日の特別セールにおいて、ムンバイにあるBig Bazaarでは、キウイフルーツ、Neutrogenaのフェイスウォッシュ、L’Orealのヘアカラー剤やSunfeastのグルメクッキーなど、多くの高級ラインの商品が定価から25%~40%オフの値下げで売られていた。

これまでBig Bazaarの店舗ではプレミアム商品が値下げされることはめったになかったが、近年同社はいくつかのプレミアム商品を値下げし、潜在的な顧客ターゲットである新中間層の獲得を狙っている。

「近年では新たな発見を求める人が増えており、このような向上心のある消費者にとってプレミアム商品は丁度良い嗜好変化の機会である。」とFuture Group傘下Food Bazaar社のCEO、Devendra Chawla氏は述べる。
「マーケティング担当者は、このような事業機会をプレミアム商品の消費拡大と、プレミアム化に対する関心の高まりの二つの側面を理解する必要がある。」(同氏)

現在2兆2,000億ルピー規模であるインドのFMCG市場の内、プレミアム市場は28%の6,000億ルピーであると推定されている。Nielsen社の情報によると、FMCG市場全体においてモダントレード小売は約7%を占めており、その内、プレミアム商品は10%、スーパー・プレミアム商品は22%を占めている。

一覧に戻る