インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【家具】IKEA、インド市場参入にて新商品の開発・展開を狙う

世界的な大手耐久消費財製造・販売メーカーのIKEA社はインド市場参入に際し1050億ルピーの投資を行う。2012年6月、外国投資促進委員会(FIPB)に完全子会社を設立するための投資許可を申請した。今後数年でインドに25店舗を開設する計画があり、またインド市場参入に向けた新商品開発も検討されているものと見られる。

インド市場参入に際し、同社インド国内マネジャーのJuvencio Maeztu氏はIndia RetailForumにて「新機能の開発や新製品を揃える必要はあるが、価格面では決して妥協しない。市場ニーズにそえる手頃な価格の製品を提供する予定だ」と語る。

「インド参入に際しては製品デザインと品質、価格のバランスを取ることが重要だ。当社はインド市場の特性について理解しようとしており、世界で69年の歴史をもつグローバル企業として、必ず市場ニーズにそえる製品を低価格で提供することはできる。インド市場は良き製品を開発するには大変貴重な市場である。製品の供給システムと市場トレンドを統合したアプローチを取るにはある程度の時間は必要になる」(同氏)

なお、外資系小売業による完全子会社の設立申請は、Pavers England社とIKEA社の2社にその動きがある。

一覧に戻る