インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【食品】Dalmia Continental社、FMCG事業を強化

インド オリーブオイル大手のDalmia Continental社は同社の株式22%をプライベート・エクイティ・ファンドに売却し、そこで得た2億5000万ルピーで日用品事業のさらなる成長を狙う。

上記について同社ChairmanのV.N.Dalmia氏は、「大部分の株式は引き続き保有する。ほぼ2億5,000万ルピーがファンドを通じて調達できる見込みで、その資金を活用し日用品分野の中核である『Leonardo』ブランドに投資する予定だ。ファンド側も他分野と異なり不況知らずの日用品事業に関心を示している」と述べている。

同社は過去にイタリア系会社Nicola Pantateo社に株式27%を売却した。

Leonardoブランドは同市場でシェア30%を持ちFigaro社やBorges社を抑えてマーケットリーダーであり、「オリーブオイル市場では3社でシェア約60%を占めている」(同氏)とのことだ。

また、新たなオリーブオイルをベースとした食品、例えばパスタやテーブルオリーブ、ピクルスやオリーブオイルで揚げたインド特有のスナック菓子といった製品ラインを拡張する予定だ。

「我々はLeonardブランドを健康・ウェルネスブランドとして浸透させる方針だ。Haldiramのようなインド特有のスナック菓子もオリーブオイルを使用することで健康志向をアピールする。」と、同氏は語る。

また、これまで同ブランドの広告媒体は主に紙媒体であったが、今回初めてテレビコマーシャルも活用することでインド市場での更なるブランド強化を目指す模様だ。

また、近代的な流通網が届かない小規模な小売店にも製品を提供できるように供給網を強化していく模様だ。

オリーブオイルの市場規模はここ数年の輸入増により35億ルピーと推定される。

 

一覧に戻る