インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【食品】カナダ大手冷凍食品メーカー 35億ルピー投資 インド外食拡大を見込み

カナダの大手冷凍食品メーカーMcCain Foods社は、35億ルピーを投資しGujarat州のMehsanaの生産能力を拡充する予定だ。McCain Food India社のMDであるVikas Mittal氏によると、同社は第3の製造工場を設立することで、生産能力が従来の2倍以上になり、雇用も50%増加する見込みだ。これまで”Smileys”や”Aloo tikki”が人気の同社は、2006年以降、工場設備に14億ルピーを投資してきた。

McDonald’sやPizza Hut等の食品サービス業やファストフードレストラン、高級ホテルにおける需要増を受けた動きだ。

同社はTier I 、IIの60都市に1万店舗で取扱いがあり、今後5年間で50万店舗拡大を目標としている。

同社はインドの消費者のニーズにあう風味の商品を開発・提供するために、ニューデリーにR&D拠点を設立した。同社は最近チーズベースの軽食を新たに開発したが、これはレンズ豆ベースの軽食を導入するきっかけとなった。

 

冷凍食品市場のうち組織部門の市場規模は、350億~500億ルピーの規模だ。Vikas氏は今の市場は開拓不足であるため、食生活が変化している消費者に対応し、教育して市場の成長を促進させ、消費者が直接小売店で冷凍食品を入手できるようにするべきだ、と同氏は感じている。同社では試験的にニューデリーのショッピングモールに自社店舗を出店した。この売店の売上は、同社のフランチャイズ店舗の売上に近付いている。

 

一覧に戻る