インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【食品】インド乳製品最大手Mother Dairy社、食品・果物加工事業拡大

乳製品大手のMother Dairy社は果物・野菜部門にて2012年度に55億ルピーを超える売上が見込まれる。内訳は、小売部門35億ルピー、果肉加工部門15億ルピー、冷凍食品部門7.5億ルピーとなっている。2013年度に向けて同社は前年同様、年成長率10%を目指す。

同社事業統括のPradipta Sahoo氏によると、「デリー首都圏とバンガロール市場のシェア拡大を狙う。そのため新たな店舗のオープンや南北ともに販路拡大へ向けた戦略を検討している」とのことだ。

さらに同社は食品・果物加工事業に本腰を入れる模様だ。同社はマンゴー果肉大手でもあり、炭酸飲料事業以上に健康志向の高まりの中で果汁飲料の人気が上昇している。このセグメントでの事業拡大を狙うとのことだ。

事業拡大へ向けた他地域への具体的な計画に関しては、「現時点ではチェンナイやハイデラバードへの事業拡大は考慮しておらず、まずは市場の成長もニーズも高いバンガロール進出を目指す。まずバンガロールでの事業展開が安定したのちにその他南部への事業拡大を検討するつもりだ」(同氏)。

 

一覧に戻る