インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【食品】Tataグループの小売Star Bazaar、食品事業に商機

タタグループの小売業者Star Bazaarは、次なるビジネスチャンスとして、食料品事業に焦点を当てている。

同社は既にショッピングモール内にパン屋を展開しており、都市のレストラン情報を提供しているZomato.comのようなWebサイトを通じ、食料品事業を宅配サービスにまで広げる決定をした。

Star Bazaar bakeryでは取扱商品の拡張を続けており、惣菜の他にベジタリアン向け及びノンベジタリアン向けのホットミールを提供する。Star Bazaarのマーケティング責任者Sushmita Paul氏は「将来的には、我々はタタグループの他企業に食品の外注を行うこともあり得るだろう。しかし、今のところほとんどの食品は店舗内で調理している。パン屋の運営による売上は、自社全体の3~4%を占めている」と語った。

 

また、Star Bazaarはプライベートブランドでのチョコレート販売にも乗り出している。それらの商品は拡大途中のパン屋で扱うとともに、自社ブランドでの菓子屋を新しく出店する予定となっている。

同社はプライベートブランドとして32カテゴリーの商品を取り扱っており、それらのうち最大のカテゴリーは生活必需品とホームケア関連となっている。

「わが社の売上の10%はプライベートブランド製品によるものであり、今後5年以内にこれを2倍にしたいと考えている」(同氏)

同社にバックエンドサプライチェーンと小売関連インフラを提供するTescoの製品でさえ、Star Bazaarの大規模店舗15店で取り扱いが拡張されている。

「今日、我々はTescoの商品100点を取り扱っている。しかし、食品や家庭用製品の他、プラスティック製品、ハンガー、おもちゃなどを新しく販売することで、取扱商品の数を500にまで伸ばしたい」(同氏)

Star Bazaarではプライベートブランド商品でもTataグループのつながりを活かしており、‘Star’というプライベートブランドの下、‘A Tata Product’という情報を商品に付加している。「我々は、プライベートブランド商品にタタの名前を表記することで、通常の商品より10から15%廉価なこれらの商品について品質の保証を行っている」

一覧に戻る