インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【食品】Hindustan Unilever、インドで高価格アイスクリームを発売

今夏におけるアイスクリーム需要のさらなる増加を予測し、Hindustan Unileverは2013年4月、アイスクリーム“Magnum bars”をインドにて発売する。これは高級バニラアイスクリームを濃厚なベルギーチョコレートで包んだアイスバーだ。Chennaiにて1本あたり75ルピーで販売する予定。

 

インドで人気のアイスクリームは同商品よりもはるかに安い値段であり、1本あたり5~40ルピー程である。しかし同社は、インドのアイスクリーム需要は高まりつつあり、高級製品を求める消費者が増えるだろうと期待している。

 

同製品はUnilever社のタイ工場にて製造され、スーパーマーケットや同社のアイスクリームパーラーにて販売される予定である。また、三輪車による移動販売も行われる。

同製品はイギリスにて1987年に発売され、世界で最も人気のアイスクリームブランドとなった。現在はUnilever社の総売上高の約2%を占めている。同社は世界最大のアイスクリームメーカーであり、Breyers社、Ben & Jerry’s社、Cornetto社などを含めた世界のアイスクリーム市場全体が850億ドルの価値をもつ中で、全体の5分の1を同社が占める。

 

ヨーロッパでもっとも人気であったMagnumはアメリカでも2011年に発売され、1年目に1億ドルの売上を記録した。現在は50か国以上で販売されている。高級なポジションにあるにも関わらず、インドネシアなどの市場でも最も売れているアイスクリームのうちの1つとなっている。

「Magnumは、特に新興市場において良い反応を得ている。インドでも人気となる可能性は高いだろう。」とSharma氏(同社アイスクリーム部門のgeneral manager)は語る。

一覧に戻る