インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【乳製品】インド乳製品市場、2019年度までに年13~15 %成長見込み

オランダ金融機関Rabobankの報告書によると、インドの乳製品市場は、付加価値製品の消費が拡大しバリューチェーンがますます組織化されることで、2019年度までに毎年13~15%成長する見通しだ。付加価値製品の市場シェアは、現在の21%から31%まで拡大すると見込んでいる。

市場の成長要因は、高タンパク質の食事に対する消費者の関心の高まりや、可処分所得の増加による価格の手ごろさ、意識の高まり、組織的小売店や外食を通じた乳製品の入手のしやすさが挙げられる。

2012年度のインドの乳製品売上は、協同組合やサプライチェーンを展開する民間企業も含めて100億ドルに上る。

同社アナリストShiva Mudgil氏によると、現在インド乳製品市場は成長フェーズの移行段階にあると語り、グローバル企業がインド乳製品市場に参入する絶好の機会だと指摘している。

ただその一方で、インド国内のサプライチェーンの未整備や乳製品の品質問題、規制の変化などが、外資の参入を阻害する要因となっている。

 

一覧に戻る