インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【インフラ】インド L&T Hyderabad社、メトロ開発計画で中央政府より資金調達

1,413億2,000万ルピーが投資されるハイデラバードメトロプロジェクトは、土地所有権を持つL&T社のもと、公共や民間が協力している。同社は、1,267億4,000万ルピーを既に用意しており、残りの145億8,000万ルピーを中央政府からviability gap funding(※)の手法で調達することで合意した。

( ※商業的に採算の合わない部分の資金を、公的に補助する仕組み)

アーンドラ・プラデーシュ州政府は、現在、民間の土地204エーカーの獲得、設備のシフト、道路の拡大などに198億ルピーを費やしている。

 

・雇用創出

本プロジェクト関連の直接投資額は、2,000億ルピーに達するとみられている。その内訳は、プロジェクトに紐づいたコスト、不動産開発投資、政府の支出、周辺事業への投資などである。

インド政府は、「このプロジェクトによって、Hyderabadや周辺地域に約5万件の雇用が創出される可能性がある。また、プロジェクトに付随して別の産業が興る可能性もある」と語った。

 

・資金の割り当て

州政府は、これまで5年間寄付に充てた198億ルピーのうち、本プロジェクトには50億ルピーを寄付した。

2011年度には、本プロジェクトに対し、同州から35億ルピーが割り当てられ、今年度は60億ルピーが割り当てられた。

一覧に戻る