インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【インフラ】インド・グジャラート州で開発中のGIFT City に5つ星ホテルの建設計画

インド・グジャラート州で最も評価の高い5つ星ホテルが、グジャラート州都にGujarat International Finance-Tec City(GIFT City)に建設される予定だ。

アーメダバードに拠点を置くWest India Hospitality社によって開発されるこのプロジェクトは、ホテルとして300室・クラブとして40室を所有する予定だ。今後3年間で35億ルピー投資される。同社はスターウッドのシェラトンブランドを起用した。シェラトンはスターウッドグループの最大ブランドであり、世界中に400ホテル、14万室を有している。ビジネス用途としては個別ミーティング・会議室・カフェテリア・ダイニング・レクリエーションラウンジの空間を提供する。

同プロジェクトを担当する同社MDであるRamakant Jha氏によると、このクラブはビジネスと娯楽をテーマに計画しており、“自宅から離れた自宅”にも“オフィスから離れたオフィス”にもなり得る空間を目指している。

同クラブは、成長している実業界がグジャラート州やインドで必要とするネットワーキングプラットフォームを提供する。

同社の事業開発担当副社長Dipesh Shah氏によると当クラブは2015年から開始し、ホテルは2016年から開始しているとのことだ。

GIFT Cityは、州政府とInfrastructure Leasing & Financial Services (IL&FS)社の合弁会社International Finance Tec-City Co.社(GIFTCL)によって開発される。

886エーカーにも及ぶGIFT Cityの第1段階として、10万人の雇用創出が見込める1,000万平方フィートの商業施設の開発と、3,000のアパートを有する200万平方フィートの住宅地を建設する予定だ。また学校や病院、金融サービスのトレーニング施設、大学なども建設される予定だ。

グジャラート州Gandhinagarでは国際レベルでの金融拠点を開発しており、多数の国内外金融サービス企業が参入し、IT業界が市内にオフィスを構えることを期待している。国営銀行やIT企業など約6社がすでにオフィス新設を計画している模様だ。

一覧に戻る