インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【水処理】電気機器メーカーHavells社 インド・ポンプ市場に参入

電気機器メーカーHavells India社は、市場規模500億ルピーのインド・ウォーターポンプ市場に参入した。
同社は、家庭や商業施設をターゲットとして0.5馬力と1馬力の一体式ポンプを発売した。
ウッタル・プラデシュ州は同社の売上の約12%を占める。同社はポンプの発売地として同州Lucknowを選んだ。
同社associate directorのRakesh Mehrotra氏によると、北部やDelhiですぐに同製品を発売する予定だ。

家庭用ポンプ市場は250億ルピーと推定され、一体式が100億ルピーを占める。ウッタル・プラデシュ州での市場規模は、ポンプ市場全体が20億ルピー、一体式が7.5億ルピーだ。

今後の目標について、同社は2015年3月までに一体式ポンプ事業の売上が10億ルピー以上に成長すると期待している。
Mehrotra氏は「最近のルピー価格の下落は、ポンプのコストを7.5%も上昇させた」と指摘した。製品に使用される銅は主に輸入されている。

同社はウッタル・プラデシュ州において、既存の600店舗に150店舗を追加し、販売網を拡大している最中だ。
現在、同社のポンプはラジャスタン州Neemranaの工場で月1万台生産されている。間もなく、生産能力が月2.5万台まで拡張される。
ウッタル・プラデシュ州では、同社は人口1.5万人以上の250都市に展開している。
昨年度、同州の売上は約50億ルピーを記録し、今年度は20%の成長を目標としている。

一覧に戻る