インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【物流】Futureグループ、自社物流拠点を強化 他小売業に施設提供も

インド小売最大手Futureグループの物流・調達を担うFuture Supply Chain Solutions社は、13億ルピーを投資し国内物流センターをマハラシュトラ州Nagpurを含む9拠点設立する予定だ。新設する物流センターは上記の他にムンバイやチェンナイ、ハイデラバード、アフマダーバード、プネー、デリー、コルカタ、バンガロールを検討している。

この物流センターは同グループだけでなく、他小売業者やFMCG各社に対しても提供する。

同社MDのAnshuman Singh氏は、「マハラシュトラ州Nagpurに新設する物流センターは、(インドのスーパーマーケットチェーン店)Big Bazaar社の倉庫貯蔵も担う予定だ。」と語っている。当センターは8つの主要な消費地・生産地から等距離の位置に設立している。

現状の州政府の税制度により複数の州に物流拠点を整備しているが、今後GSTが導入された場合には、複数の州に倉庫拠点を持つことが難しく、集約される可能性もある。同氏によるとその準備を進めており、生産・消費全体を考慮して戦略的に配置可能とのことだ。 同社の物流事業では他小売業者やFMCGメーカー向けにコントラクト・ロジスティクスや、特急輸送、国際物流、商品配送等を手がけており、各拠点の物流施設を開発するために様々な開発業者と長期の戦略的な提携関係を構築しているという。

Future Supply Chain Solutions社は、香港を拠点に持つ商社Li & Fung社とFutureグループとの合弁会社であり、Li & Fung社は株式を26%取得している。

 

一覧に戻る