インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【ゴム】2012年上半期 合成ゴムの消費量増加 インド商工省調べ

インド商工省の天然ゴム局(Rubber Board)によると、今年度上半期における合成ゴムの消費量は前年上半期の21万3,000トンから6%上昇し22万6,000トンであった。自動車タイヤ産業による消費も、前年の15万5,000トンから16万7,000トンに増加した。 合成ゴムの生産量は5万4,778トンと、前年上半期5万4,750トンから僅かに上昇した一方、合成ゴムの輸入量は17万5,000トンから3%減少し16万9,000トンであった。

2012年9月の合成ゴムの消費量は2011年9月の3万3,510トンから3万7,150トンに増加した。自動車タイヤに関しては2万4,016トンから2万7,535トンまで増加している。また、合成ゴムの生産量は前年同月8,421トンから7,934トンに減少し、

輸入量は前年同月2万6,760トンから3万1,265トンに増加している。

一覧に戻る