インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【繊維】インド繊維大手各社、グジャラート州に積極投資の動き

グジャラート州政府幹部によると、Vibrant Gujarat Summit 2013では、グジャラート州政府からの投資を促す方向から知識共有の方向に切り替えて注力してきたが、サミットに参加する州内外の繊維関連企業から総額2,000億ルピー以上に及ぶ投資提案を受け取ったとのことだ。例えばArvind社やWelspun India社、Vardhman Group、Oswal Spinning社らは、それぞれ投資提案に関するMoUを締結する模様だ。

同サミットにおいて州政府は、糸や工業用繊維品を特に注力している。

前回の2011年のサミットでは、初めて工業用繊維品への大きな投資が行われた。例えばTenCate Geosynthetics社やAmerican Hygienics社のような大手を含み、MoUが140件締結され、投資金額は総額2,500億ルピーに達した。約140件のうち、45~50件は紡績業界、15~20件が工業用繊維業界であり、残りは衣類と加工製品であった。

ヨーロッパ大手TenCate社が消火活動用衣類と強固で軽い材料を用いた航空機用衣類向けの繊維技術を開発している一方、上海に拠点を置くAmerican Hygienics社は幼児や湿気などに対応したパーソナルケア製品に注力している。

 

一覧に戻る