インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【塗料】日本ペイント 新製品をインド・タミルナドゥ州等で先行発売、屋内汚染物質を吸収

日本ペイントグループは、屋内汚染物質を吸収する無臭・無害な製品を発売したことを発表した。

同社インド法人社長Ramakanth V Akula氏によれば、同社の最新製品‘Odourless AirCare’はタミル・ナドゥ州やアンドラ・プラデシュ州の市場で先行販売され、続く数カ月以内に他の市場にも販売される予定だ。

同社は環境に優しく低価格なコンクリート・木材・金属用塗料製品を販売しているが、「製品‘Odourless AirCare’は絶え間ない開発努力の末に生まれた環境と健康の両方に優しい製品だ」(同氏)。

今回開発された同社の‘Odourless AirCare’は、炭素活性化技術を用いて、遊離ホルムアルデヒドを大気中から吸収し水蒸気に変えつつ塗膜を強固にするとのことだ。ホルムアルデヒドは、あらゆる建築物において検出される、とても一般的な屋内汚染物質だ。

Odourless AirCareは日本ペイントのこれまでの実績に基づく強みを活用している。同製品は消費者のニーズを満たし、屋内汚染物質環境への予防も提供している。

一覧に戻る