インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

インド市場の魅力と攻略ポイント 一覧に戻る

インド市場の魅力

First  Mover Effect (先行者利益)

  • 導入期の市場に他社に先駆けて参入することで、シェア獲得の可能性が大きくなります
  • 市場において一定以上のシェアを獲得できれば、自分が唯一知っているブランドをブランドとして認知するインド人に対し、他分野でもブランド力をアピールできます

拡大するプレミアム市場

  • 所得の増加から、富裕層だけでなく中間層も、これまで以上に良い物(高品質・高いブランド力)への購買意欲が高まる傾向があり、都市部だけでなく農村部にもその傾向が見られます

Japanブランドに対する信頼感

  • 日本というかつてはアジアの敗戦国であった国が、戦後、国民の勤勉な努力によって先進国の仲間入りをするまでになったという成功イメージや、SONY等の日系家電メーカーの躍進の経緯もあり、多くのインド人がJapanブランドに対して高品質なイメージを抱いています

中東・アフリカ諸国への足がかり

  • 高い経済成長によって成長著しく、また今後の成長も期待される中東・アフリカ諸国に対し、インドは輸出拠点としての立地的な優位性があります
  • またこの地域には在外インド人等、インド人が広範に入り込んでおり、社会・経済に強い影響力を持つインド人とのネットワークを活用できます

 

インド市場での攻略ポイント

  • インド市場の傾向を踏まえてインド進出を成功に導くには、以下の対応がポイントです

嗜好の多様性への対応

  • インドには、様々な宗教や州により異なる言語、地域性、所得階層など様々なバックグラウンドに基づく多様な文化があり、消費者の嗜好も多岐にわたります
  • そのためインド人の需要を捉えた商品開発やマーケティングにおいては、現地事情をよく知るパートナーとの協力が不可欠です

販売・流通チャネルの構築

  • インドは国土が広い上に、主要な都市もインドの東西南北に点在している等、市場が分散しています
  • また物流に関しては、州を越えてインド全域に展開している組織的な流通業者は限られているのが現状です
  • インドに広く商品を普及させるためには、インド各地に物流ネットワークを持つパートナーとの協力が不可欠

短期集中で思い切った投資

  • インド市場、特に所得水準も高まり今後も増えていく中間層に商品を展開していくためには、中途半端な投資では消費者層の一部にしかブランドが認知されない可能性があります
  • 一定の領域において一気に市場シェアを獲得し、インド市場において利益を創出していくためには、自社内、経営層の強いコミットメントのもと、思い切った投資を短期集中的に実施することが重要になります

複雑な税制度への対応

  • インドの税制度は、制度上それぞれの州・連邦直轄地における独自性が極めて強く、非常に複雑です
  • また頻繁に制度変更が行われるため、日ごろから関連税制の動向を把握し、適切に対処しないと結果的に不必要なコストが発生する可能性もあります