インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

IoT先進国インド発!靴の中からランナーの悩みを解決

コラム「起業家が見た、巨大インド市場を狙う新ビジネス」 vol.3

 IoT先進国インド発!靴の中からランナーの悩みを解決
 インド事業開発・事業投資専門
 “パミット”
 2015年1月20日

 

 基本情報 
 会社名 ReTiSense社
http://www.retisense.com
 設立 2014年
 本社 バンガロール
 事業内容 ランナーへのアドバイスができるセンサー付きインソール(中敷)開発

 

Internet of Things (IoT)

 パソコンや携帯がインターネットに当たり前につながるようになった今、次の革新が起こる分野として期待されるのは、車・家電・日用品など全ての“もの”がインターネットにつながり、その“もの”同士が情報をやりとりして新しい価値を生み出すという考えです。これがInternet of Things (IoT)といわれ、古い事例では、冷蔵庫がインターネットにつながり牛乳がいつなくなりそうかを家族に教えてくれるといったものから、全ての車がインターネットにつながり各車から送られてくる膨大なデータを使って各地の渋滞状況や天気を分析して情報提供するなどの例があげられます。元々、IT業界が強いインドにおいても当然話題の分野であり、インド政府は2020年までに約2兆円の産業に育成するために支援しています。このインドのIoT分野で「靴」が注目を浴びており、いくつかのスタートアップ企業が誕生していますので、その中の1社をご紹介します。
 

ランナーの一歩一歩を分析するランニングシューズ

何か“もの”をインターネットに接続して情報をやりとりしたら新しいサービスが提供できるのではないかという幅広い概念を使って、いろいろなことが考えられますが、身近な悩みを解決したいと思ったのが今回紹介するReTiSense社が開発するインターネットにつながった靴のインソール(中敷)です。インソールをインターネットにつなげて何をするのかと思われるかもしれません、世界中のランナーにとっては悩みがあります。創業者は元々インテルの半導体ソフトの技術者で、10年以上続く熱心なランナーでもあったのですが、足に問題を抱えるようになりました。そこで、インソールにセンサーつけて足や膝にかかる圧力を計測し、そのデータをスマートフォンを使って解析し正しい走り方をリアルタイムでアドバイスしたり、フィットネスコーチが蓄積されたデータをインターネットを介して分析してアドバイスを提供することを考えました。それが、この“一またぎ”と“分析”という言葉を組み合わせて名付けたランニングシューズ「Stridalyzer」です。
 

ReTiSense社Websiteより

 

グローバルに行う資金調達

 インドのITの中心地バンガロールに設立された会社ですが、資金調達はグローバルに行っています。創業時には約500万円をアメリカの投資家から調達しました。その後は、関心のあるプロジェクトに多数個人が出資することを可能にするクラウドファンディングのKickstarterを使い、「Stridalyzer」に関心がある25カ国300人から合計約350万円の資金を調達しました。
インドでは、誰に聞いても好きなスポーツはクリケットと答えが返ってくるように、他のスポーツはあまり盛んではなく、他国に比べてまだマラソン人口は大きくありません。しかしReTiSense社は、資金調達の状況から消費者の期待が見えてくるように、アメリカを中心とした先進国をまずは主要な市場として見込んでいます。ReTiSense社の創業メンバーは、インテル出身者は半導体関連技術に長年の経験をもつ人が集まっており、この  「Stridalyzer」を皮切りにして、IoT関連の製品を多く開発していくことも考えられます。

 インド企業を道先案内人としてパートナーを組み、日系企業があまり知見をもたないアフリカ等の新興国市場を開拓していくべきとの提言をよく聞きます。IT関連では昔から開発請負拠点としてアメリカ等の先進国とのつながりが強かったため、このようなスタートアップ企業でも創業当初からインド国外の先進市場を狙っていく事例は多く見られます。ReTiSense社は、Asicsなどランナーをサポートするスポーツ関連企業にとっては、製品・対象市場とともに重なり相乗効果が考えられる会社ですし、インドの技術を活用して新興国のみならず先進国へ逆に攻め込むことは、他の企業にとっても一つの提携方法の形と言えそうです。

  

 ———————————————————————————————————————————

コラム記事に関するご意見・ご感想はこちらからお問い合わせください(メーラーが起動します)

 

バックナンバー

 

vol.1 インド各地の地元ガイド紹介ビジネス 2014年12月9日
インドは、その人口の多さや国土の広さからアジアの大国の一つであり、経済的には今まで成長
期と停滞期を繰り返しながらも将来大きく成長するだろうと期待されている国です。 インドの…

 

vol.2 インドのランチ事情に変化が?
新鮮なサラダ宅配サービスが登場 2014年12月22日

インドでは、家族での食事はお母さんが作ってくれるインド料理を自宅で家族一緒に食べる
ことが普通でした。しかし少しずつ所得が上がってくるにつれて、記念日など特別なときに…

 

>>インドビジネスコラム一覧へ

 

著者プロフィール


 “パミット”
 インド事業開発・事業投資専門

 Eコマース事業で起業・資金調達・事業開発を経てエグジット後、戦略コンサルティングファームにて
 消費財マーケティングに関わる。現在は、インド企業を対象としたM&A及び買収後の経営に従事。
 インドにて、日本の強さが活かせる革新的な事業を各パートナーとともに構築中。デリー在住。

 

————————————————————————————————————————————————-

◆関連レポートのご案内

「インドIoTスタートアップ企業レポート」では、アメリカに続くIT大国であるインドの
主要IoTスタートアップ企業50社をピックアップし、
事業内容・製品内容を紹介しています。
日本企業が自社のIoTサービスの検討のための活用事例研究として、
または、投資・M&A等を含めた提携先候補の調査として活用して頂けます。  

    india IoT startups report06
    ※レポート内容の紹介ページへはバナーをクリックして下さい。

————————————————————————————————————————————————-

一覧に戻る