インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

インドでデジタル広告はじめました!

コラム「インドでデジタル広告はじめました!」vol.1

 インドでデジタル広告はじめました!
 MicroAd India Private Limited マネージングダイレクター
 佐々木 誠
 2015年4月7日   

 

●私がインドにきた理由

 2007年2月、私はインドの地に初めて降り立ちました。空港は、新しくなる前でしたから、入国審査を通過するのに2時間以上かかり、ようやく空港から出ると、空港の前は物乞いであふれていました。やばいところに来たな、というのが最初の印象でした。前年の2006年に出版されたトーマス・フリードマンの「フラット化する世界」という本を読み、これからの時代は中国とインドだと書いてありました。私はなぜか中国ではなく、インドのほうに興味を持ち、思いつきで旅行に来たのでした。4日間という短い期間でしたが、日本で知り合ったインド人と一緒にインドのいくつかのIT企業も訪問できました。ITといってもコールセンターやゲームのテスティングをやっている会社です。そうして私の短い旅行は終わりました。インドの印象としては、IT大国とは言われているが、開発拠点はあるものの、まだまだ一般の国民はインターネットからは程遠い生活をしているという印象でした。

 それから4年経った2011年のある日、渡辺(現マイクロアド代表)に呼ばれました。私がインドに旅行したことを覚えており、インド進出を検討しているので手伝ってほしいということでした。1年間準備した後、2012年11月にインドへ赴任しました。

 私の経歴ですが1998年に兼松株式会社(商社)に入社し、2年ほど働いた後の2000年に株式会社サイバーエージェントに入社しました。今ですらサイバーエージェントは有名企業になっていますが、入社した当時は100名ほどの規模。インターネット広告の黎明期でした。インターネット広告って何?という時代にインターネット広告の啓蒙をし、クライアントを開拓していくのは苦しくも楽しい仕事でした。また2004年からは新規事業であるアメーバ事業(アメーバブログ)の立ち上げを渡辺(当時はサイバーエージェントの取締役)と一緒に行いました。プロジェクトは立ち上がりに手間取り、4年たらずで責任者を外されてしまいましたが、私自身にとっては新しいことにゼロからチャレンジするという貴重な経験でした。そしてインターネット広告事業の立ち上げ、メディア事業の立ち上げを経験し、次はグローバルな事業にチャレンジしたいという気持ちが芽生え始めてきました。そういうタイミングで渡辺から声をかえてもらったのです。

 ●日本とインドのマーケットの違い

 インドに来る前にリサーチした感じでは、インドのインターネット広告は、日本の2000年当時の状況に似ていると思いました。日本のインターネット広告は、さまざまな技術革新を経て急激な成長を遂げました。Yahoo!BBなどブロードバンドの普及によりECが拡大し、モバイルのパケ放題によりコンテンツ課金が拡大し、今はスマートフォンの普及によりスマートフォン広告が拡大しています。インドも現状のネット広告市場の規模は小さいですが、技術革新の流れに乗って大きく市場が伸びると予想されました。この2年では、急速にEC(物流)、スマートフォン(アンドロイド)が普及しています。とはいえ課題も山積みです。特にインターネット回線スピードは大変遅く日本の8分の1のスピードです。ただしネット普及率は10%後半と言われており、これから急速な普及が見込まれます

 image 1

●マイクロアドについて

 マイクロアドは広告プラットフォームを所有している会社です。プラットフォームというと分かりづらいのですが、広告を配信する技術、データを分析する技術、サーバーなどのインフラを自社で開発所有しているということです。これによりインターネットユーザーの行動データを自社で保有することができ、さまざまなターゲティングが可能になります。特に「リターゲティング」という分野では日本で最初にサービスを開始しており、商標登録もしております。また海外展開も早く中国、インドネシアなどの東南アジア各地で数年前から立ち上げを行っております。インド支社はインド向けにローカライズした自社の広告プラットフォームであるBLADE(ブレード)を販売する目的で立ち上がりました。今では日系企業に限らず、インド企業など100社以上にご利用いただいています。

global_map

 

●このコラムの目的

 私のインドでの営業活動のほとんどはインターネット広告の啓蒙活動です。インターネットが伸びることはわかっているのだが、どう活用していいか分からない、というお客様の声をよくお聞きします。このコラムではインターネット広告の基礎から、最近のアドテクノロジーまでできるだけ分かりやすくお伝えできればと考えております。

———————————————————————————————————————————-
コラム記事に関するご意見・ご感想はこちらからお問い合わせください(メーラーが起動します)

 

バックナンバー

 

>>インドビジネスコラム一覧へ

 

著者プロフィール

佐々木誠様プロフィール写真


佐々木 誠

MicroAd India Private Limited マネージングダイレクター

 

 

商社で2年働いた後、2000年にサイバーエージェント入社。ネット広告の営業経験が長いが、Ameba(アメーバ)の立ち上げなど新規事業にも携わってきた。2012年にグループ会社のマイクロアドに移り、インド責任者。ディスプレイ広告の配信プラットフォーム「MicroAd BLADE(ブレード)」を武器にしてインド企業や日系企業を開拓中。
デリー在住。

 

一覧に戻る