インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

インドでの部屋探し【その②不動産物件探しの方法】

 前回は、インドで物件を探す際に注意すべき点を簡単にご紹介しました。それでは、実際にどのように部屋探しを始めればいいのでしょうか?今回は、これからインドで部屋探しを始める方のために、物件探しの方法をご紹介します。


         目次

  1. 日本人向け不動産仲介会社      
  2. 現地不動産仲介会社

  3. インド系不動産情報サイト

 友人や知り合いからの紹介等を除くと、日本人がインドで部屋探しをする際には大きく分けて上記の3つの方法が一般的かと思います。

 駐在員としてインドに引っ越す人のほとんどは、日本語でのサポートが充実している日本人向け不動産仲介会社を利用しています。インドでの部屋探しでは、条件の良い物件を見つけること自体も難しいのですが、インド人とのコミュニケーションが最大の難関となることも多く見られます。現地の不動産仲介会社を使うと全く条件に合っていない物件を紹介されたり、契約締結や価格交渉にかなりの労力がかかったりすることもあるので、やはり日本人の対応に慣れた日本人向け不動産会社を使うことが一番理想かと思います。

 また、最近はインドでも不動産情報サイトの利用が増えており、このようなネット活用に慣れている若い現地採用の方やインターン・学生の間で多く見られます。

 

 今回は、それぞれのメリット、デメリットと共にご紹介したいと思います。それでは順番に見ていきましょう。

1.    日本人向け不動産仲介会社

 インドで物件探しをする場合、まずは現地の不動産会社とのコミュニケーションで苦労する人が多いようです。コミュニケーションが上手く取れずやりとりに手間がかかったり、価格交渉に失敗し高い家賃で契約してしまう等、このような話はよく耳にします。たとえコミュニケーションに問題がないとしても、伝えた条件とは全く違う物件を紹介されたり、対応がかなり遅かったりと、必要以上の労力がかかることが多いようです。

 このようなストレスや負荷をできるだけ軽減するためには、日本人向けの不動産仲介会社を使うことをお勧めします。このような会社には日本人スタッフや日本語が堪能なインド人スタッフがいるので、まずはコミュニケーション上のトラブルを心配する必要はなくなります。相談から物件内見、契約締結まで、すべて日本語でやりとりをすることができ、スムーズに部屋探しを進めることができるでしょう。また、日本人の対応に慣れているので、日本人が満足するようなサービスを提供してくれることが想定されます。

 通常の不動産仲介会社と比べると取り扱う物件は高価格帯のものが多い傾向にありますが、その分、充実した設備やセキュリティ環境等、日本人がインドで安心に生活できるような物件を紹介してくれます。例えば、日本人が多く住むグルガオンの高級マンションには、敷地内にジムやプール等のフィットネス施設や、中にはレストランやスパ施設があるものもあり、24時間体制でセキュリティガードが常駐しています。また、部屋にも生活に必要な家具や食器が全て完備されているので、日本人駐在員にとってはとても住みやすい環境になっています。もちろん、このような高級マンション以外にも、通常のアパートやマンションを紹介してもらうこともできます。

日本人向け不動産仲介会社が多く取り扱うグルガオンの高級マンション

image 1
(photo by Meenakshi Bltr)

 

image 2
(DLF Magnolia公式HPより)

 

 また、インドでは入居後に設備の不具合や故障が発生することが非常に多く、現地の不動産会社の場合は対応してもらえるまでかなり時間がかかったり、物件のオーナーに直接やりとりをしなければいけません。このようなトラブルが発生した時にも、日本人不動産会社が窓口となり対応してくれるので、現地の会社よりも手厚くサポートしてくれることが多いのではないかと思います。

◆メリット

  • 日本人スタッフ、もしくは日本語が堪能なインド人スタッフが対応してくれるので、スムーズにコミュニケーションが取れる
  • これまでの実績から日本人のニーズや要望をよく理解しているため、日本人が生活しやすい環境が整った物件を紹介してくれる
  • 入居後もトラブルが発生した際も、窓口となり対応してくれる

◆デメリット

  • 高価格帯の物件を扱っていることが多い

 

おすすめの日本人向け不動産会社

 インドには、日本人向けにサービス提供している不動産仲介会社は意外とたくさんありますが、その中でも日本人が多く住む首都デリーやグルガオンを中心に物件を紹介しているおすすめの会社を紹介したいと思います。

 

Pyramid Relo

 Pyramid Reloは、同じく主に日系企業の駐在員や日本人滞在者を対象にデリーやグルガオンの物件を紹介している日系の不動産仲介会社です。日本のリログループが現地企業との合弁で運営しており、日本人のスタッフが対応しています。特に日本人駐在員が多く住むグルガオンの高級マンションを多く取り扱っています。

 


Pyramid Reloの紹介物件の例:Park Place(グルガオン)の一例

 ◇特徴・設備
 ・長期滞在の駐在員向け、日本人に人気のある高級マンション         
 ・家具、家電、キッチン用品、食器等、全て込み
 ・ハウスキーピング、アフターサービス込み(サービスなしの物件もあり)

 ◇家賃目安
 ・3LDK:125,000ルピー(サービス込み)、110,000ルピー(サービスなし)
 ・4LDK:135,000ルピー(サービス込み)、120,000ルピー(サービスなし)


 また、Pyramid Reloは単身赴任や長期出張で滞在する方が利用できる日本人向けの家具付きサービス・アパートをグルガオンで運営しています。同社のサービス・アパートは1日から利用でき、駐在員には嬉しい日本食の朝食サービスもついています。


Pyramid Relo運営のサービス・アパートの概要

 ◇特徴・設備
 ・短期の主張者~長期滞在の単身赴任者向け                       
 ・家具、家電、キッチン用品、食器等、全て込み
 ・NHKプレミア、TOTOウォッシュレット設置、日本食の提供可(朝食には日本食サービス)
 ・ハウスキーピング、アフターサービス込み

 ◇家賃目安
  ・1泊3,500ルピー(税別)より(1泊より利用可)

  詳細・お問い合わせはこちらから

サービス・アパートの写真

image 5

image 56

 


2.現地不動産仲介会社

 既にインドに滞在している人であれば、いわゆるローカル向けの現地不動産仲介会社を利用する人もいます。このような会社は、日本人向けの会社よりも取扱い物件の数が豊富なことが多く、特に日本人向け会社では取り扱いが少ない、低~中価格帯ランクの物件をお探しの方にお勧めです。

 しかし、基本的にインド人スタッフとのやりとりとなるので、言語の問題や商習慣・文化の差によって何かしらのトラブルが発生する可能性は多いにあります。もちろん現地の会社でも信頼できるところはたくさんあると思いますが、数多くの中から優秀な会社を判別することも難しいと思われます。

◆メリット

  • 日本人向け不動産と比べ、取扱い物件数が多い
  • 取扱う物件の価格帯も幅広く、運がよければ好条件の物件を安く借りることができる
  • 日本人向け不動産会社よりも仲介手数料が安い場合もある

◆デメリット

  • すべてのコミュニケーションが対インド人・英語でのやりとりとなる
  • 日本人向け不動産と比べると対応が遅い等、サービスクオリティが低いことが多い

 

3.不動産情報サイト

 インドでも日本のHOME’SやSUUMOのような不動産情報サイトが最近増えており、このようなサイトで部屋探しをする日本人も増えているようです。英語での情報収集やコミュニケーションに抵抗がない方であれば、効率よく部屋探しができるのでおすすめです。

◆メリット

  • 物件数、情報量ともに最も多く、たくさんの選択肢の中から選ぶことができる
  • Web上でアクセスできるので、手間も少なく便利。日本からでも希望の部屋を探し始めることができる

◆デメリット

  • インド人不動産会社、もしくはオーナーとの直接交渉になるため、英語でのコミュニケーションが必要
  • 希望通りの物件にたどり着くまで時間や手間がかかることが多い
    サイトによっては既に契約済みの物件が掲載されていることもある)

 

インドの不動産情報サイト

Housing.com (https://housing.com/in

 image 6

 Housing.comは2012年に設立されたインドでも比較的新しい不動産情報サイトですが、現在最も利用者が多く、信頼できるサイトです。条件を入力すると地図上に物件情報が表示され、物件の写真から交通機関へのアクセス等、多くの情報を確認することができます。

 気になる物件を見つけたら、ブローカーかオーナーにコンタクトをとり、内覧を行うことができます。

 

Commonfloor(http://www.commonfloor.com/

image 7

 Commonfloorも2007年と比較的新しいですが、とても使いやすい不動産情報サイトです。特徴として室内を360°見回すことのできるLive in Tourという機能があります。インドの不動産情報サイトは物件の画像が乏しいことが多いので、とても便利な機能です。

 また、この2社以外にも多くの不動産情報サイトがありますので、物件を探す際にはチェックしてみてください。

・Magicbricks (http://www.magicbricks.com/

・99acres (http://www.99acres.com/

・Indiaproperty (http://www.indiaproperty.com/

前回および今回の記事に渡り、物件探しの注意点と物件探しの方法の2点についてご紹介しました。見知らぬインドという土地で、唯一の安らげる場所として住居はとても大切です。この記事により、少しでもみなさんの部屋探しにお役に立てればと思います。

 

当サイトでは、ビザ申請の代行サービスや、その他インドでの滞在準備に利用できるサービスを紹介しています。こちらも是非ご覧ください!

  アイコン1 インド出張・赴任に役立つおすすめのサービス
  インドに旅行や出張で訪問される皆様におすすめの旅行会社や、
  これからインドに駐在される方には不動産仲介会社やビジネスセンター等、
  インドでの生活を安心・快適にスタートするためのサービスサポート企業を厳選してご紹介。
  また、インドでの事業展開をご検討の方には、おすすめの会計・法律事務所や人材紹介会社もご紹介します。

 

 

 related_latest

 

 まとめオレンジ

 

一覧に戻る