インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【完全版】インドビザの取得方法を徹底解説

インドのビザといえば、「申請手続きが複雑・面倒」「審査が必要以上に厳しい」「時間がかかる」等といったイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。また、ビザ申請方法は変更されることがよくあるのですが、ネット上では古い情報がそのまま残っているため、申請者がどの情報を参考にしてよいのかがわかりにくい状態になっています。

ここでは、そんな複雑と言われるインドビザの取得方法について、最新の情報とともにご説明します!(2017年4月時点)

※注:申請方法は突然変更される事があります。最新の情報やより詳しい情報は「インド大使館」や「インド総領事館」のホームページをご確認ください。

 

アイコン3
 【重要】2017年3月21日よりインドビザ申請センターでの申請受付が停止になりました

    在京インド大使館、及び在大阪インド総領事館に対してインドビザ発給支援業務を提供してきた
    IVS Global Japan社が、2017年3月21日からビザ申請書類の受付業務を停止しました。
    居住地域を管轄する日本国内のインド政府関連機関に、直接ビザ申請書類を提出することに
    なりますのでご注意下さい。
    インド大使館|インド渡航ビザ申請に関する重要なお知らせ(PDF)
    在大阪インド総領事館|Notice to Visa Seekersnew(英文・PDF)

 

 
◆どのような種類のビザがあるの?

インドのビザには、渡航目的に応じて様々な種類があります。

 ・観光ビザ
 ・商用ビザ
 ・会議ビザ
 ・雇用ビザ
 ・入国ビザ
 ・学生ビザ
 ・留学ビザ

一般的には、旅行目的であれば観光ビザ、出張目的であれば商用ビザが使用されます。ビザの種類により申請条件が異なるので、詳細はインド大使館」や「インド総領事館」のホームページをご確認ください。

 

◆どのようにビザ申請をするの?

STEP 1. 提出書類の準備
STEP 2. オンライン申請
STEP 3. 管轄機関(東京:インド大使館、大阪:インド総領事館)への提出
STEP 4. ビザの交付

という流れになります。

 

STEP 1. 提出書類の準備

まずは、管轄機関(東京:インド大使館、大阪:インド総領事館)に提出が必要な書類を確認します。

 ●パスポート(有効期限6か月以上、最低2ページの空白ページがあること)
 ●(過去にインドに行ったことがあれば)パスポートに印刷されているビザ面のコピー

<観光ビザの場合>
 ●インドへの入国・出国を確認できる航空券の予約確認書(eチケット)
    ※2015年6月からの新たな規定で航空券の予約確認書の提出が必須となりました。

<商用ビザの場合>
 ●インド企業からの招聘状(インビテーションレター)原本
 ●日本の会社からの会社推薦状(レコメンデーションレター)原本
  上記の二つの書類は、商用ビザの申請に必ず必要になります。

<その他>
 ●観光・商用以外のビザの場合、追加書類が必要となります。
     詳しくはインド大使館」や「インド総領事館」のホームページをご覧ください。

 

アイコン3
 招聘状・会社推薦状の書き方

   

  招聘状 Invitation Letter 
    招聘状とは、インド企業がビザオフィサーに対して申請者のビザ発行を依頼するレターのこと。
    具体的には、申請者の名前や社名、会社の住所、渡航期間、渡航目的を記載する必要があります。
    また、受け入れ側の会社の社名や住所、代表者の名前、役職も記載し、受け入れ
会社の社名の
    入ったレターヘッドで印刷し代表者の直筆サイン及び社印が必要となります。

    招聘状はオリジナル(原本)の提出が必要です。日本への郵送時間も考慮すると、インド企業

    依頼することを早めに準備を進めることをお勧めします。

 招聘状の例

    レターヘッドサンプル
         (申請者の会社名・氏名)
         (会社住所)

                              Letter of Invitation for Business Purpose

           To Visa Officer,

           This serves to confirm that xxxx(申請者の氏名)will be visiting India for the
           purpose of 
xxxx(渡航目的)in India from Date/Month/Year to 
           Date/Month/Year(渡航期間).

           She will also be required to travel to India frequently in the future.
           Kindly approve 
the visa application.

           We look forward to receiving your confirmation as soon as possible.

           Very truly yours,
           (受け入れ会社名)
           (代表者名)、(役職名)

           (直筆サイン)                visa_letter


  会社推薦状 Recommendation Letter
    会社推薦状とは、申請者の所属会社からビザオフィサーに対して申請者のビザ発行を依頼する
    レターのこと。
これも招聘状と同様に、申請者と日本側の会社の情報、渡航目的や滞在期間を
    記載し、それに追加して、受け
入れ会社の情報や渡航に必要な経費は当社が負担する、という
    旨を記載する必要もあります。日本企業の社名
入りのレターヘッドと代表者の署名・押印が必要
    となります。

  会社推薦状の例

     レターヘッドサンプル

           (申請者の会社名・氏名)
           (会社住所)

                       Letter of Recommendation for Business Purpose

           We have the pleasure of introducing to you the following person of our 
           company who is planning to visit your country on business. We would
           appreciate it very much if your office would kindly issue multiple visa.

                  NAME(申請者の名前):
                  TITLE(役職):
                  PURPOSE OF TRIP(渡航目的):  
                  DATE OF ENTRY(入国予定日):
                  LENGTH OF STAY(渡航日数):
                  DATE OF DEPARTURE(出国予定日):
                  REFERENCE IN INDIA(インド側の受け入れ会社&住所):

           We guarantee all the necessary expenses for his sojourn during whole time
           in your country as well as transportation expenses to and from your country.
           We also guarantee for her personal conducts during his stay in your country.
           They will therefore be required to travel to India frequently.

           Kindly approve the VISA application. Thank you very much. 

           Very truly yours,
          (会社名)
          (代表者名)、(役職名)

 

           (直筆サイン)                visa_letter

 

 

 

STEP 2. オンライン申請

次に、インド政府のIndia Visa Onlineウェブサイトの”Online Visa Application”ページでオンライン申請を行い、ビザ申請書を作成します。

 

India Visa Onlineウェブサイト

visa 2

“Online Visa Application”ページ

visa 3

 

ここからは入力フォームに沿って必要な情報を入力していきます。入力内容に少しでも不備や漏れがあると、提出した際に受理されませんので、ここでは特に慎重に必要情報を入力してください。

 オンライン申請が完了したら、申請書を印刷します。印刷した時に左端と一番下の文字が少しでも切れていると、申請時に受理してもらえないのでご注意ください。印刷後、写真を貼りサインをしたら書類の完成です。

 

アイコン3
 オンライン申請書の作成方法【よくある間違い】

   ●Passport Details
   ・Place of Issue(旅券発行地)は国名だけではなく都市名も記入してください。
  (例:TOKYO JAPAN)

visa 4

   ●Profession / Occupation Details of Applicant
   ・任意と記載されていますが、Designation(役職)とPhone Number(電話番号)は
  必ず記載してください。

visa 6

   ●Previous Visa / Currently valid Visa Details
   ・Place of Issue(旅券発行地)は国名だけではなく都市名も記入してください。
  (例:TOKYO JAPAN)
 

visa 5

 

 

STEP 3. 管轄機関への書類提出

STEP2で印刷したビザ申請書とその他の必要書類を管轄機関に提出します。

【必要なもの】
●ビザ申請書
●パスポート
●各種ビザに必要な書類(航空券、招待状・推薦状等)
●ビザ申請料金(1,400円)
●(過去にインドに行ったことがあれば)パスポートに印刷されているビザ面のコピー

【ビザの申請先】

<東京管轄区:インド大使館 領事部>
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-11

(開館時間)
・ビザ申請書類受付時間 月~金 9:00~12:00
・ビザ・パスポート返却時間 月~金 16:00~17:00
 ※週末のビザ関連業務は行いません。

ホームページ:https://www.indembassy-tokyo.gov.in/jp/home_jp.html

 

<大阪管轄区:インド総領事館>
〒541-0056 大阪府大阪市中央区久太郎町1-9-26 船場ISビル 10階

(開館時間)
・ビザ申請書類受付時間 月~金 9:30~11:30
・ビザ・パスポート返却時間 月~金 15:30~16:30
 ※週末のビザ関連業務は行いません。

※その他の地域にお住まいの方は、郵送申請も可能です。

ホームページ:https://www.indconosaka.org/

管轄機関の窓口で提出書類を確認してもらい、もし書類に問題がなければ申請書の提出と引き換えに受領書を受け取ることができます。

一方、もし申請書に不備があった場合は、オンライン申請からやり直しになります。

以前のビザ申請センターのホームページでは、通常、申請から4営業日以内にビザが交付されると記載されていますが、場合によっては2週間以上かかることもありましたので、余裕を持って申請することをおすすめします。

STEP4. ビザの交付

ビザの発行状況は、オンライン申請をしたホームページの”Visa Status Enquiry”で確認することができます。申請センターから受け取ったレシートに記載されているビザのApplication IDとパスポート番号を入力します。ビザの交付が完了した場合、”Visa Processed”と表示され、申請センターで受け取ることができます。

 

 

~航空券予約・ホテル予約・査証代行取得~ インド出張手配なら何でもご相談ください!

HBT_edited 視察旅行・ご出張がお決まりになりましたら、迷わず阪急阪神ビジネストラベル(HBT)におまかせ下さい。 航空券やホテルの手配はもちろん、査証申請・取得代行、現地到着後のレンタカー、通訳、観光の手配まで、お客様のご要望にお応えします。

≫≫詳しくはこちらから

 

 
海外WiFiルーターのレンタルが今なら5%OFF!

今なら受渡手数料500円も無料に!
 インド進出支援ポータルからご予約頂くと、グローバルWiFiルーターがもれなく5%OFFでご利用頂けます。
 インド専用WiFiルーターは1日670円~、今なら受渡手数料500円も無料になります!

≫≫ご予約はこちらから

 

 

related_latest

 

 まとめオレンジ

一覧に戻る