インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

インド渡航前に受けておきたい予防接種

 インドは、旅行や出張などの短期在で行く場合であっても、渡航前には予防接種を受けることが推奨されています。今回は、一般的に推奨されている予防接種の種類をご紹介したいと思います。

インド渡航者に推奨されている予防接種の種類

 インドに渡航される方には、下記の予防接種が一般的に推奨されています。

  ・A型肝炎
  ・腸チフス
  ・B型肝炎
  ・破傷風
  ・日本脳炎
  ・狂犬病

 滞在期間や滞在地域などによって推奨される予防接種は専門家や医者によって意見が異なることがありますが、ここでは在インド日本大使館が発表している情報を参考にしたいと思います。

在インド日本国大使館ホームページ
image 1

 

 

どの予防接種を受ければよいの?

【赴任や移住などの長期滞在の場合】(※1ヵ月以上の滞在の場合)

・接種すべき:A型肝炎、腸チフス
・接種が望ましい:B型肝炎、破傷風、日本脳炎、狂犬病

 

【旅行や出張などの短期滞在の場合】

・接種すべき:A型肝炎、腸チフス
・目的地や旅行の形態に合わせて検討すべき:B型肝炎、破傷風、日本脳炎、狂犬病

 

●A型肝炎

 A型肝炎は、汚染された水や氷、野菜や果物、魚介類などを摂取することで感染します。特に衛生環境や上下水道の整備が不十分なインドでは感染リスクが高いため、旅行や出張などの短期滞在でも予防接種を受けておくことが強く推奨されています。

 日本製のワクチンは2~4週間の間隔で2回接種し、半年後に3回目を摂取すると約5年は有効とされています。海外製のワクチンであれば2回接種のみになり、B型肝炎や腸チフスとの混合ワクチンもあります。

 

●腸チフス

 インドは腸チフスの感染リスクが高く、日本で発生している腸チフス患者の半分以上がインドからの発症であると言われています。腸チフスも水や食べ物を介して感染する可能性がある感染症なので、インドに行く方は受けておくことが推奨されています。

 腸チフスのワクチンは日本で承認されていないため、外国から輸入された海外製のワクチンを接種することになります。このような輸入ワクチンを受けるためには、輸入ワクチンを取り扱うトラベルクリニックに行く必要があります。腸チフスの輸入ワクチンは、通常1回の接種で約3年は有効と言われています。    

 また、A型肝炎ワクチンの接種もご検討の方には、混合ワクチンが推奨されています。

 

●B型肝炎

 B型肝炎は、ウイルスに汚染された医療器具の使用や感染者との性行為などにより感染します。インドに長期滞在される方は、病院で輸血治療を受けたり、歯科治療を受ける可能性があるので、予防接種を受けておくことがおすすめされています。

 B型肝炎には日本製と海外製のワクチンがあり、どちらも3~4回の接種になります。一度受けると、約5年は効果があると言われています。

 

●日本脳炎

 日本脳炎は蚊によってブタから人に伝播する感染病で、死亡率が高く後遺症を残す例も多いと言われています。特に蚊が多い農村部に長期滞在する場合や、6月から9月の雨季の時期に渡航される方に推奨されています。

 日本脳炎の日本製ワクチンは通常2、3回の接種になり、通常3~4年の効果があると言われています。長期滞在される方には、3回目を半年から1年後に受けることが推奨されています。

 

●狂犬病

 WHOによると、インドは世界で最も狂犬病の報告数が多い国です。狂犬病は犬だけでなくほとんど全ての哺乳動物から感染する可能性があり、発症するとほぼ100%死亡すると言われている非常に危険な病気です。インドはデリーやグルガオン、ムンバイなどの大都市であっても道端に野良犬や猫、ブタ、牛などが多く見られるため、旅行や出張の場合にも予防接種を受けておくことが推奨されています。

 狂犬病のワクチンには日本製と海外製があり、どちらも3回接種で通常2~3年の効果があると言われています。しかし、日本製のワクチンは3回接種するまで約半年かかるので、出発まで時間がない方には海外製がおすすめされています。

 

●破傷風

 破傷風は、けがをしたときに傷口から感染する病気です。日本では小児の定期予防接種に組み入れられているため、混合ワクチンで既に受けたことのある人は多いかもしれません。特に40歳代以降で抗体価が低下するので、前回の接種から10年以上たっている人には追加接種が推奨されています。

 

 

いつから予防接種を受けるべき?

 予防接種の種類によっては2、3回接種する必要があるものもあるので、少なくとも4~6週間前にはどの予防接種を受けるのかを決めることをおすすめします。また、ワクチンは接種から効果が出るまで数週間の時間がかかることもあるので、余裕を持って早めに受診しておくと安心です。

 

どこで予防接種を受けることができるの?

 上記の予防接種は、海外渡航者向けのワクチンを取り扱っている検疫所やトラベルクリニックで受診することができます。

 お近くの予防接種実施期間は、厚生労働省のホームページから検索することができます。

【予防接種の実施医療機関を調べる】
http://www.forth.go.jp/moreinfo/vaccination.html

 

 トラベルクリニックは海外渡航者向け専門クリニックとして色々と相談に乗ってくれるのでおすすめです。また、ワクチンによっては事前予約が必要とされるもあるので、予防接種を受けたい場合は各医療機関に電話してから来院してください。

 

  アイコン1 インド出張・赴任に役立つおすすめのサービス
  インドに旅行や出張で訪問される皆様におすすめの旅行会社や、
  これからインドに駐在される方には不動産仲介会社やビジネスセンター等、
  インドでの生活を安心・快適にスタートするためのサービスサポート企業を厳選してご紹介。
  また、インドでの事業展開をご検討の方には、おすすめの会計・法律事務所や人材紹介会社もご紹介します。

 

 【☆☆期間限定キャンペーン実施中!☆☆】
  現在インド進出支援ポータルでは、「安心・便利なインドビジネスサポート企業をご紹介!」ページに
  掲載されている対象企業にお問い合わせ頂いたお客様に、
  もれなくAmazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを実施しています。
            
             ≫≫詳しくはこちら
             ≫≫安心・便利なインドビジネスサポート企業をご紹介!

キャンペーン_トップページバナー

 

related_latest

 まとめオレンジ

一覧に戻る