インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【デジタルカメラ】オリンパス インド法人、インド市場でハイエンド高価格製品の販売拡大

日本の光学機器・電子機器メーカー、オリンパス社はインドで低価格コンパクトカメラの販売比率を下げていき、ハイエンドの高価格製品の販売の比率を高めていく。

スマートフォン製品の販売好調を受けて低価格コンパクトカメラ市場では販売競争が厳しくなってきたことが背景にある。一方で、価格帯2万5,000ルピー~10万6,000ルピーの製品に関しては販売を拡大する。

現在オリンパス製品がインド市場に占める割合は売上高にして1%にも満たないが、今後インド市場が成長していくことを見込んで積極的に展開していく。

同社の主要市場は日本やアメリカ、ヨーロッパ、中国であり、インドでは中国やベトナムの製造拠点から輸入して販売している。現時点でインド国内での工場建設予定はない。

一覧に戻る