インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【医療】アークレイ、インドの診断機器メーカーSpan Diagnostics社を買収

日本の医療機器メーカー、アークレイ株式会社はインドの臨床検査用試薬メーカーSpan Diagnostics社と事業譲渡に関する契約を締結し全事業を買収すると発表した。同契約によりSpan Diagnostics社はアークレイのインド子会社Arkray Healthcare Pvt Ltd.に譲渡される。取引価格は約10億ルピーと推測されている。買収後もSpan Diagnostics社の代表Veeral Desai氏が引き続きManaging Directorを務める。

現在、インドの医療業界の規模は8,000億ルピーであり、IVD(体外診断薬・機器)市場はその内の約2.5%を占め200億ルピーと推定されている。セグメント別では、体外診断用の医薬品の市場が70億ルピー、そして体外診断機器の市場が140億ルピーである。また、同業界は年間15%増の成長を遂げている。
インドのIVD分野における主要企業はRoche Diagnostics社、Abbott Laboratories社、Tulip Group社やTransasia Biomedical社である。

Span Diagnostics社は、1976年に病理学者Pradip Desai氏が創設したDesai Laboratories社から社名を変更しており、現在はグジャラート州Suratに本拠点を置く。
同社は現在インド全土で幅広い販売ネットワークを展開しており、60ヵ国以上に輸出を行っている。また、政府のAIDSやマラリア対策プログラムに対しHIV検査キットやマラリア検査のキットを供給してきた。

アークレイは、Nicholas Piramal India社との合弁会社の設立により2008年にインドに進出した。同契約においてNicholas Piramal社は、4,000万ドルで血糖測定機器事業を譲渡した。合弁会社は現在、血糖値の自己検査機器を主とした販売事業を展開している。

一覧に戻る