インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【家電】インドのテレビメーカー、エントリーレベルの液晶テレビの価格引き下げで競争

インドでは現在、液晶テレビ―の初回購入者やブラウン管から移行するユーザーが急増しており、Sony、PanasonicやVideoconなど業界トップのテレビメーカーは新たな顧客の獲得に向けて、エントリーレベルの液晶テレビ製品の販売価格を引き下げる戦略を打ち出している。

最近Sony社は、インドで最も売れている22インチのLEDテレビの市場に参入した。その一方で、Panasonic社やVideocon社は近いうちに8,000ルピーの液晶テレビ製品を投入する見通しであり、これは現在の液晶テレビの市場最少価格9,000ルピーと比較して大幅な価格の引き下げとなる。

Sony India社Sales部門担当のSunil Nayyar氏は下記のように述べる。「インドでは、ブラウン管テレビの買い替え市場はとても潜在的な事業機会であり、我々はその市場の獲得に向けてより小さなモデルの製品を発売する予定だ。この新たな製品戦略は当社のテレビ事業に60%の成長をもたらすだろう。」
同社が発売予定の22インチのLEDテレビは、現在17,000ルピーで販売されているエントリーレベル製品より少し安い15,000ルピーあたりの価格設定になる予定だ。

Panasonic India社のManaging Director、Manish Sharma氏によると、同社は小規模な村におけるブラウン管テレビの需要をターゲットに、エントリーレベルのLEDテレビ製品を発売する予定である。同氏は「我々のインドのR&Dセンターでは2つの新モデルが開発された。」と述べる。

インドでは去年唯一の生き残りの外資メーカーであったLG社も、ブラウン管テレビ市場から撤退している。インドでのブラウン管テレビの販売台数は2013年に850万台であり、業界の推計によると2014年には400万台まで減少する見通しだ。一方で液晶テレビの売上は、2013年の620万台から2014年には850万台まで増加すると推測されている。Videocon社やOnida社以外にも、国内のブラウン管テレビ市場では複数の現地ブランドが製品を展開している。

地場メーカーVideocon社も、ブラウン管テレビから液晶テレビへの移行を促進させるため、今月新たに16インチのテレビを7,990ルピーという破格的な価格で発売した。
同社のCOO、CM Singh氏は、「この新製品はインドの液晶テレビ市場で最少価格のモデルとなり、6,000ルピー程度のブラウン管テレビとの比較対象にもなるだろう。」と述べる。

国内のテレビメーカーは、総選挙、クリケットのインド・プレミア・リーグ戦やワールドカップなど特別なテレビ放送の増加により、テレビの需要も回復すると見ている。

一覧に戻る