インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【製薬】Meiji Seika社、インドの製薬会社Medreich社を買収

明治ホールディングスの子会社Meiji Seika社は、インド・バングロールに本拠を置く製薬会社Medreich社を2億9,000万ドルで買収すると発表した。同社は、Medreich社の支配株主3名から75%、PE企業Temasek社から残り25%の株式を取得する。本買収は、大手医薬品Daiichi Sankyo社がRanbaxy Labs社の保有株主をSun Pharmaceuticals社に売却した2ヶ月後の動きとなった。

Medreich社のMD兼共同創業者のCP Bothra氏は、下記のように述べる。「当社は様々な企業と交渉を進めてきたが、最終的にはMeiji Seika社と手を組むことを決めた。当社は同社が持つ日本文化に適応できると考えており、従業員やクライアントにとっても有益になると考えている。事業の完全移行が完了するまでは、今の経営者が引き続き経営に関わることになるだろう。」

Medreich社はSmithkline Beecham社向けの医薬品製造を起点に1994年に設立された。それ以降、同社の顧客基盤を世界54カ国以上に拡大させ、Pfizer社、Sanofi Aventis社、Wyeth社、Adcock Ingram社、Mylan社やActavis社などの大手製薬企業を抱えている。インド市場では、Pfizer社とGSK社の売上トップ商品の製造を手掛けている。Bothra氏は、「買収条件の1つとして、Meiji Seika社が“Medreich”のブランド名を活用することに合意している。」と述べる。

今回の提携により、Meiji Seika社は世界のジェネリック医薬品市場において存在感を高めることができると期待されている。低価格な選択肢として知られるジェネリック医薬品業界は、特許の期間満了を迎える製品が増加し、近年は不調な状況が続いていた。その中で、企業買収は企業の効率性を向上させることができる。

一覧に戻る