インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【家電】Panasonic社、インドでオンライン直販開始へ

インド新政権の2014年度予算案で発表された製造業に対するオンライン小売の規制緩和に伴い、日本の大手電機メーカーPanasonic社は、自社ポータルサイト”E-Store”を立ち上げオンラインを通じた直接販売を手掛ける見通しだ。
Panasonic India社のManaging Director、Manish Sharma氏は現地紙の取材において、「ネットショッピングの急速な普及に伴い、我々は自社製品を幅広く販売する通販サイト”Panasonic’s E-Store”を開設する。」と応じた。

7月中にローンチ予定である“E-Store”では、国内で生産されている同社のキッチン・家庭用品、洗濯機やエアコンなどの製品が販売される。ポータルサイトの運営、及び製品の物流管理は第3者の販売代理業者に委託される予定だ。

新予算案の発表会において、Arun Jaitley財務大臣は外資の製造業に対し、オンライン小売を通じた消費者への直接販売を許可する方針を明らかにした。

Sharma氏は、「(規制緩和により)製造業者は新たな販売チャネルで消費者にアクセスすることができ、オンライン小売の市場も急速に伸びるだろう。」と語る。同氏によると、インターネットの普及や都市部におけるネットショッピングの流行に伴い、インドではオンライン小売の市場が急成長を遂げているとのことだ。「パソコンやスマートフォン、ネットショッピングの普及が進む中、”E-Store”は当社の事業拡大に大きく貢献するだろう。」(同氏)

オンラインで製品を販売していくためには、サプライチェーンの合理化やプロセス全体の自動化を推進させ、資力と効率性を最大化する必要があるとSharma氏は語る。これにより、同社の商圏も拡大し、物流のスピードや正確性も向上されるとのことだ。

一覧に戻る