インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【FA機器】三菱電機、インド・グジャラート州に国内5拠点目となるFA開発センターを開設

Mitsubishi Electric社のインド法人はインド・グジャラート州にファクトリーオートメーション(FA)開発センターを新たに開設した。これは同社にとって国内5拠点目のFA開発センターとなる。同センターではMitsubishi Electric社のFA製品を利用する顧客に対し、製品トレーニングやその他様々なサービスが提供される。

 

現地総合販売会社Mitsubishi Electric India社のFactory Automation and Industrial DivisionでDeputy Managing Directorを務めるNoriyuki Shimizu氏は、「当社は医薬品や自動車部品工場で使用されるロボティックアームのモーターを提供している。我々は基本的に企業と協力し、工場のオートメーションや生産性向上に取り組んでいる。」と述べる。

 

マハラシュトラ州やハリヤナ州では、同社は既にFA業界の約20%のシェアを占める主要企業である。グジャラート州における市場シェアはまだ一桁であるが、2016年までに10%まで引き上げることを目標としているとShimizu氏は語る。近年、グジャラート州では日系企業からの投資が増加しており、同社は製造業の開発プロジェクトに伴う事業機会に期待を高めている。

 

同社のFA事業は過去数年間に渡り約30~40%の増加率で拡大しており、同社の中でも有望事業として注目されている。その他の事業として、同社はインドでエアコン、機関車、自動車部品、エレベーター、インバータなどの製品を展開している。

一覧に戻る