インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【監視カメラ】パナソニック、インド財閥系Reliance Communications社とクラウド型監視カメラを共同発売

日系大手家電メーカーPanasonic社のインド法人Panasonic India社は、インドの大手財閥Reliance Communications社と共同で法人向けのクラウド型監視カメラを発売した。当製品は、ホスピタリティー、教育、小売、ヘルスケア、銀行・金融サービス・保険(BFSI)などを含む幅広い業界において活用が期待されている。

 

今回発売された製品は、監視カメラ映像の録画予約、クラウドと連動させた監視カメラの管理、センサー連携による検知や管理者への通知、運用管理の簡易化など、様々な機能が実装されている。監視カメラにより録画された映像はクラウドサーバーに保存されるため、いつでもどこでも再生することができる。

 

Panasonic社とReliance Communications社は、法人向け監視カメラ市場において2017年までに国内シェア20%を目指している。Panasonic India社のManaging Director、Manish Sharma氏は、「今回開始した新サービスはリアルタイムの監視時に比較分析が可能な機能が追加されており、当社のセキュリティ製品事業にとって重要な進展となった。このサービスで新たなノウハウやソフトウェア技術を展開することにより、将来の様々な市場ニーズに対応することができ、結果的に我々の市場優位性が高まることに違いない。」と語る。

 

また、Reliance Communications社も世界的大手Panasonic社と提携することにより、法人向け事業の拡大を図るとCEOのDeepak Khanna氏は述べる。

一覧に戻る