インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

トヨタ、インドのUberと協業しドライバーの車両購入を支援

トヨタ自動車のインドにおける製造・販売子会社Toyota Kirloskar Motor(TKM)は、配車アプリのUberと提携し、Uberドライバーの車両購入を支援すると発表した。

今回の提携では、トヨタの金融事業Toyota Financial Services IndiaがUberを初めて利用するドライバーに対し、ミッドサイズセダンの「エティオス」かハッチバック版の「エティオス・リーバ」の車両購入の90%を支援する仕組みであり、提携は2016年末までとなっている。

Uber IndiaのPresident、Amit Jain氏によると、トヨタは世界中のUberプラットフォームの中でも最も人気のあるブランドであるそうだ。

インドの配車サービス(ride-hailing)市場は、近年のスマホの急速な普及や日常的な移動におけるライドシェアの利用増加に伴い、2020年までに70億ドル(約7,000億円)に到達すると予測されている。

一覧に戻る