インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

日本ペイント、インド中小都市への販売を強化 装飾塗料市場でシェア10%狙う

日本ペイントは、インドの中小都市における販売を強化させ、インドの装飾塗料市場におけるシェアを現在の3%から5年後までに10%に増加させる狙いだ。

インドで塗料を販売している約4万店舗の内、同社の製品が流通しているのは約2,000店舗であり、その内、同社ブランド専属の店舗は約10%にとどまっている。同社は今後Tier IIやTier III都市での販売を強化させる計画であり、それに伴い、契約している国内の倉庫数も現在の14拠点から2018年まで20拠点に増加させる。

同社は現在インドで3つの生産工場を保有しており、チェンナイ工場では装飾塗料、ムンバイ工場は産業用塗料、及びデリー工場は車用塗料を生産している。

また、同社はチェンナイに塗装工向けの職業訓練所を設置し、塗装技術や手法に関するトレーニングを提供している。インドにいる約250万人の塗装工のスキル向上に向けて、近い将来ロイヤリティープログラムを設け他地域でも展開していく予定だ。

一覧に戻る