インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【経済】インド経常赤字の解消 製造業の活性化が鍵

インド産業政策推進局長官Saurabh Chandra氏によると、インドが抱える経常赤字と貿易赤字に関する問題に取り組むためには、製造業の活性化以外に選択肢がないとの見方を示した。

2012年度、インドの貿易赤字は過去最高の1,910億ドルに達した。2012年10~12月の経常赤字はGDPの6.7%に達した。経常赤字は、製品やサービス、輸送の輸入より輸出が多い場合に生じる。

Chandra氏は「GDPに対する製造業の貢献度を高め、仕事を増やすためにも、製造業は高品質でなければならない」と指摘した。

同氏は、製造業における技術力・品質を向上させるために、同業界に対し自主的な品質基準の策定に注力するように求めている。

また、製造業に従事する人材の確保も欠かせず、農業から製造業へのシフトも必要だと同氏は言う。「中国では1.5億人の人々が農業から製造業にシフトし、農村部の非農業分野で約8,400万の雇用が創出された」(同氏)

インド政府は、製造業がGDPに占める割合を現在の16%から2025年までに25~26%まで拡大し、今後10年で1億人の雇用創出を目指している。

一覧に戻る