インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【人材】インド企業の平均昇給率、アジア太平洋地域の平均を超える

コンサルティング企業Towers Watson社が毎年実施している昇給率調査によると、アジア太平洋地域の平均昇給率は7%である一方、インドでは11%である見通しである。

Towers Watson社のSambhav Rakyan氏は「全体的に、2013年と2014年のアジア太平洋地域の数値は非常に似ており、企業は昨年と同程度の昇給を図るべきだ。しかし、結局のところは会社の経営状況により左右される」と語った。
同報告書によると、相応のスキルを持つ社員の獲得及び保持に苦戦している企業が多く、調査対象となった企業80%が優秀な人材に集中的に給与を割り当てている状況だと回答している。

また、同社のSubeer Bakshi氏は「インド企業は以前から他の地域に比べ昇給率が高い傾向にある。多くの企業は現在でも優れた人材を保持するために高い昇給を与え続けているが、インフレにより厳しい状況になっている。」と語った。

一覧に戻る