インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【ブランド】インド・ブランド信頼調査、Nokia社に代わり今年はSamsung社が首位獲得

“The Brand Trust Report, India Study 2014”のブランド信頼調査の結果によると、インドにおいて「最も信頼できるブランド調査」ではSamsung社が第1位として選ばれた。それに次ぎSony社が第2位、Tata社が第3位となっている。2013年の調査では、Samsung社が第2位、Sony社が第3位、そしてTata社が第5位の立ち位置であり、それぞれ上昇した見通しだ。またトップ5の争いについては、2014年にLG社が第4位へ新しくランクインし、3年連続で首位を獲得していたNokia社は第5位に下落した。
第6位にはHewlett Packard (HP)社が選ばれ、前年よりも14位上昇している。また、Hero社は前年度から79位分急上昇し、第7位となった。第8位にはHonda社、第9位にはReliance社、第10位にはMahindra社が位置する。Mahindra社は、前年から69位上昇した。

Trust Research Advisory(TRA)社のCEOであるN Chandramouli氏は次のように語る。「Samsung社は4年間に渡って徐々にランクアップしてきた。2011年には5位、2012年には4位、2013年には2位、2014年には第1位を獲得している。一般的に企業はブランドの信頼度向上に注力することにより、ブランドのプレミアム化が促進され、新商品も自動的に売れるようになる。2014年の調査結果のように、Samsung社も戦略的なブランド構築に取り組んでいたことがわかる。」

“The Brand Trust Report, India Study 2014”は、今回が4回目の実施となる。同調査は、TRA社により実施されており、独自が開発した61指標の信頼度マトリックスを活用している。2014年の調査は、インド国内の16都市に在住する2500人の消費者を対象にしており、合計1万5,000時間に及ぶフィールドワークを通して分析された。その結果、2万社のブランドに対して500万種類のデータが収集され、そこから上位1200のブランドが抽出およびリスト化されている。これらのブランドは、284種類のカテゴリーに分類されている。

一覧に戻る