インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【経済】日印首脳会談、対インド投融資を今後5年間で350億ドルへ

安倍首相は訪日中のインドのモディ首相との会談において、日本が今後5年間に渡り、インドへ350億ドル規模の投融資を行い、主にインフラ整備、スマートシティ建設、ガンジス川の浄化計画や高速鉄道の導入などを支援していく方針を共同声明において発表した。

また、製造業、クリーンエネルギー、技術開発、水の安全保障、食品加工・農産業、コールドチェーンや農村開発などの分野においてインド政府が推進しているPPP(官民協力)事業への資金支援も強化される見通しだ。

共同声明では、安倍首相は今後5年間に渡り、日本はインドに対しODA(政府開発援助)も含めた官民投資を3兆5,000億円に拡大させると表明し、ムンバイ・アーメダバード間における新幹線システムの導入において積極的な資金・技術提供や運用支援を行う意向も発表した。ムンバイ・アーメダバード間の新幹線導入に向けて、現在共同調査が実施されている。

一覧に戻る