インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【経済】韓国政府、インド政府と7分野の協定締結で合意

インドのモディ首相は5月中旬に韓国を訪問し、両国の防衛や貿易、投資、地域協力等の様々な分野における協力関係について朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談を行った。

モディ首相は、「韓国の急速な経済発展は、今のアジアの発展に強いインパクトを与えた。インド経済の近代化が進む中、韓国は同国にとって重要なパートナーだと考えている。」と述べた。

今回のモディ首相の訪韓により、両国の協力関係はより一層強化されたとパク大統領は述べた。両政府は、二重課税の回避や所得税の脱税防止に関する議定書等を含む、合計7つの協定とMoUに締結した。

韓国政府の企画財政部と輸出入銀行は、インドのインフラに100億ドルを投資する方針を発表した。その内、10億ドルが経済開発協力基金に割り当てられ、90億ドルがスマートシティ等のインド政府が指定する重点分野に投資される。重点分野における投資配分に関しては、両国の輸出入銀行を通じてロードマップが計画されるとのことだ。

また、同国は防衛産業の分野でも協力を強化することで合意した。モディ首相は、「我々は防衛技術や防衛機器の製造において韓国と協力関係を強化する予定だ。防衛産業はインドで非常に潜在的な分野である。」とコメントした。

さらに同政府は航空分野でも協定を締結し、両国を結ぶフライトを増便することで合意した。その他の分野では、映像やアニメ、放送等の文化的な分野における連携や、電力や再生可能エネルギーの分野における関係強化が掲げられた。

一覧に戻る