インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

日本政府、インドに1兆5,000億円を投融資 日本企業のインド進出を促進

12月初旬に行われた日印首脳会談において、安倍首相は日本企業のインド進出を加速させることを目的に、総額1兆5,000億円規模の投融資を行う枠組み「日印メイク・イン・インディア特別ファシリティ」を新たに設置すると発表した。

この枠組みでは、国内の必要なインフラ開発やメイク・イン・インディア政策の実現を支援するために、国際協力銀行(JBIC)や日本貿易保険(NEXI)等から必要な資金が融資される予定だ。

また、首脳会談後の共同声明では、両首相は日本企業のための投資インセンティブを伴う「日本工業団地(JITs)」を開発する意図を表明した。さらに、双方はインドの日本工業団地で日本の投資を誘致するために、特別なパッケージの発展に向けて取り組む、と述べられている。

その他にも、貨物専用鉄道建設計画(DFC)西回廊の旗艦事業における進展や、デリー・ムンバイ産業大動脈(DMIC)構想の加速に向けて取り組む意思が発表された。

日本からのODAについては、2015年度のインド向け円借款の供与総額が、過去最高となる約4,000億円に達する見通しが述べられた。

一覧に戻る