インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

インドのベジタリアン人口、全体の28.5% インド標本調査の発表

インド登録長官(Registrar General of India)が2014年に発表したインド標本調査(SRS)のベースライン調査によると、インドのベジタリアン人口は全体の28.5%であることが判明した。

同調査では、州別のデータも発表された。グジャラート州はインドの中でも最もベジタリアンの比率が高いというイメージを持つ人も多いが、近年の調査によるとノン・ベジタリアンの人口が増えており、グジャラート州のベジタリアン人口は61.8%、そしてノン・ベジタリアン人口は39.05%であり、パンジャブ州やハリヤナ州、ラジャスタン州よりもベジタリアンの比率が低い結果となった。

一方、インドで最もノンベジタリアン人口の比率が高いのはテランガナ州(98.7%)、それに次ぎ西ベンガル州(約98.55%)、オリッサ州(97.35%)、ケララ州(97%)が並んだ。

インドでは、ノンベジタリアンの人口が増えているというデータが出ている一方、その中には卵のみ食べることができるベジタリアンや、お祝い事などの行事の時のみノンベジタリアンの食事をとる方が含まれるため、インドにおいてベジタリアン/ノンベジタリアンという文化はひとくくりにできないので注意が必要である。

一覧に戻る