インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

インド、2050年までに人口の60%が都市部に居住

インド都市開発省のSingh大臣によると、近年インドでは著しい速さで都市化が進んでおり、2050年には人口の約60%が都市部に居住していると予測されている。 

2011年のインド国勢調査(Census)時点では、人口の31%が都市部に居住していると報告されており、今後数十年に渡り都市部への移住が加速する見込みである。 

インド政府は第12次5ヵ年計画において、水供給や上下水道・廃棄物処理、交通、自然環境等の都市部のインフラ整備を目的とした都市再生計画「Atal Mission for Rejuvenation and Urban Transmation (AMRUT)」を打ち出している。

 

一覧に戻る