インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

政府2110億ルピーを投入し、貧困層向け社会保障支援を拡充

政府関係者によると、政府は2110億ルピーを投入し貧困層向けの社会保障支援を検討しているとのことだ。また年金の対象層を広げ、新たに641万2000人を加えることを検討している。対象としては、独身女性や寡婦、一部の障がい者、自閉症、脳性麻痺の方とのこと。

上記の動向は政府が国民の生活向上に関する検討会議を行っていた最中に起きた。市民活動家から政界進出した野党のArvind Kejriwal氏が、与党に対して国民のニーズを満たしてこなかったことや縁故関係者で官民で権益を独占するような動きがあることに対して非難した。食糧安全保障法案もそうだが、貧困対策は実現されるまでに時間を要し、また経済成長が低迷する中でその実現も限られたものになると専門家は見ている。財政逼迫にともなう圧力もあるものの、議会は国民生活を支える社会保障を広げるような施策を検討する必要がある。

上記の提案は6月に農村開発省大臣のJairam Ramesh氏が立ち上げた委員会によって行われた。

農村開発省の副長官であるSM Vijayanand氏を議長とし、中央政府による国家社会保障プログラム下で給付基準の見直しを行った。

その提案はIndira Gandhi National Age Old Pension(インディラ・ガンジー国民年金制度)を月額200ルピーから300ルピーに引き上げる内容であり、その実現には234億6000万ルピーの追加予算が必要になる。

この増加はSonia Gandhi-led National Advisory Council(ソニア・ガンジー主導の国家弔問委員会のメンバーでもあるAruna Roy率いる年金議会の提言に一致し、Ramesh氏もまたこの提案を支持した。

委員会は受給対象として、これまで40歳以上の寡婦のみであったものを、40~59歳の独身女性や20~59歳の寡婦も含めることを提案した。これは、1年につき60億9千万ルピーで169万2000人受益者を増やすことになる。

現在は重度障害の人、つまり80%の障害または複数の障害のある人々は1ヶ月200ルピーの年金を受け取る資格があるが、40%の障害を持つ人にも年金が必要であるとした。また自閉症や脳性麻痺の人を含むことも提案した。また、18歳を以下という理由だけで“重度の障害を持った若者”が年金を受けられないという制限は“合理的”とは言えないと主張した。提案は、さらに受益可能者数を472万人に増やす。一般的な障害者への年金コストは年間1302億6000万ルピーである。また同時に国家家族援助制度にも同時に提案された。

現在「主要な稼ぎ手の死亡」の場合、一時的に2万ルピーの補助を受け取ることができる。

しかし、委員会はその援助を主な家計支持者の死亡時には18~65歳のどの家族にでも要求する資格があるよう提案した。

一覧に戻る