インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【社会】インド鉄道犯罪 鎮静剤入り飲料飲ませ窃盗

インド鉄道省によると、2012年の鉄道での犯罪件数は9月までに窃盗が7,253件、麻薬が549件報告されている。手口としては乗客に鎮静剤入りの紅茶や果物等を与えて荷物を盗むとのことだ。同省はキャンペーン等を実施し乗客に注意を促している。

現在、鉄道警護隊が1,275本、各州の鉄道警察が2,200本の列車を警備している。

安全強化のために、事件の多い202拠点の駅に対しCCTVネットワークを用いた統合セキュリティシステムを導入した。同省は犯罪捜査・検挙力を高めるため各州警察と定例連絡会議を設けるとのことだ。

一覧に戻る