インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【社会】インド デリーの個人所得 前年度比16%上昇

2012年度のデリー首都圏における一人当たりの年間所得は、2011年度の17万3,686ルピーから2万7,397ルピー増加し、20万1,083ルピーと推定されている(名目価格)。これは全国平均の3倍であり、インド国内で2番目に高い値を記録した。全国平均は6万1,564ルピーと推定されている。実質価格を基準とすると、2012年度の一人当たりの年間収入は12万414ルピーと推定される。これは前年度11万2,626ルピーから7,788ルピー増加している。全国平均は2011年度の3万8,037ルピーから3万9,143ルピーへ増加すると推定される。

 

経済調査を発表したchief minister、Sheila Dikshit氏は「個人所得は、都市の十分な雇用機会と住民の満足度が反映されている」と語った。

同経済調査によると、2012年度のデリー内GDPは、前年度の3.1兆ルピーから17.7%増加し、3.65兆ルピーに達した(名目価格)。また実質価格では、2012年度のデリー内GDPは2.2兆ルピーを記録し、2011年度の2.02兆ルピーより増加した。

一覧に戻る