インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【交通】インド人運転手の3割が運転中に携帯電話を使用

市場調査会社Ipsos社の調査によるとインドでは自動車の運転手のうち三分の一が運転中に携帯電話を操作していることがわかった。

世界の自動車運転手14,160人(そのうちインドは851人)を対象に行った調査によると、運転中に携帯電話を操作してメールやテキストメッセージ、ソーシャルメディアを使用している運転手は世界平均で22%であったが、インドでは29%だった。
最も多かったのはサウジアラビア(43%)で、南アフリカ(41%)、韓国(33%)と続く。性別ではインド人男性(31%)のほうが女性(26%)よりも運転中の携帯電話利用率が高い傾向にある。

「自動車事故はインドにおける事故死で最も多く、運転中の携帯電話使用はその発生リスクを高める傾向にある」と同社インド法人のマーケティング・コミュニケーション事業部長Biswarup Banerjee氏は語る。

一覧に戻る