インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【社会】インドの億万長者数、103人で世界6位

報告書によると、インドは億万長者の人口が世界で6番目に多い国であり、フランスやサウジアラビア、スイス、香港等の国々よりも多くの億万長者が住んでいる。
さらに、金融中心地Mumbaiには30人の億万長者が存在し、世界中の億万長者都市の上位5位に入る。1位を占めるアメリカのNew Yorkには94人の億万長者が存在し、その他2位から4位は、香港、モスクワ、ロンドンの億万長者数でそれぞれ75人、74人、67人である。

2012年7月から2013年6月に渡る調査によると、インドにおける億万長者の数は減少しているが、現在も国内全体で103 人の億万長者がおり、世界6位という位置を維持している。

世界1位は、アメリカ合衆国である。同国には515人の億万長者がおり、この人数は2位の中国における人数の3倍である。また、世界第3位、4位、5位はドイツ、イギリス、ロシアとなっており、億万長者の数はそれぞれ148人、135人、108人である

”Wealth-X and UBS World Ultra Wealth Report”(2013年)によると、2013年時点のインドの億万長者人口は5.5%減で103人となり、億万長者の総資産額は100億ドル減の1800億ドルとなった。
しかし、世界全体では億万長者の人口は増え続けている。2012年7月から2013年6月までにおいて、億万長者の人数は0.5%増え、全体の総資産額は5.3%上昇した。

世界全体で、2013年には2170人の億万長者が存在し、総資産額は6.5兆ドルであり、アメリカ合衆国と中国を除いた世界全体のGDP総額よりも大きな額である。

一覧に戻る