インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【経済】インド、新世代の富裕層が出現

過去10年間に渡る著しい経済成長により、インドでは富裕層が増加している。これらの富裕層は“closet consumers”と呼ばれ、インド高級品市場の成長の大きな原動力となっている。インド工業連盟(CII)とIMRB International社が発表した報告書“The Changing Face of Luxury in India”によると、この新世代富裕層は、若い起業家、企業の経営者層、不動産への土地売却により財産を確保した農家や、実家暮らしで可処分所得が余っている若いBPO世代等である。

この層には興味深い傾向が見受けられるとのことだ。彼らの所得自体は富裕層レベルまで上昇しているが、彼らの消費マインドはコスト意識が強く、高級品にも”価値中間層志向のままであるのだ。この国際的に富裕層に該当する所得レベルと一般的には中間層に見受けられる消費マインドの間に生じている矛盾から、同報告書では彼らを”closet consumer”と名付けている。

インドの高級市場は、過去3年間に年間15%で成長しており、2012年には75.8億ドル(約4,800億ルピー)に達したと推定されている。高級サービス市場が15%、及び高級不動産市場が9.4%で成長した一方で、高級製品の売上は22%で拡大した。アパレル、アクセサリー、香水、高級ダイニングや自動車等を含む高級製品市場の成長が業界全体の拡大に貢献している。また、インドの高級市場は世界全体の市場のわずか1~2%である。

一覧に戻る