インドの最新業界ニュース、2500社のインド企業情報を提供するポータルサイト

【環境】インド、廃プラスチックの規制強化

近年モディ首相が始めた「クリーン・インディア(インドをキレイにしよう)」運動の取り組みと連携し、インド政府はプラスチックの使用、管理及び処理に関する規制を強化すると発表した。

 

Prakash Javadekar環境大臣によると、インド政府は現在の環境(保護)法(Environment Protection Act)で定められている廃プラスチック処理に関する罰金を10万から100万ルピー、最大500万ルピーまで引き上げることを検討している。

 

また、通常コップやお皿、包装パッケージなどに使用されている、有害性の高いサーモコール(thermocole)の製造や使用を制限する新たな規制も検討している。

 

「”クリーン・インディア”運動と共に”プラスチック・フリー・インディア”も実施するべきだろう。」とJavadekar環境大臣は語る。

 

また、今後インドで廃棄物政策を浸透させていくためには法規制の施行だけではなく、人々にプラスチック廃棄物の危険性を理解させ、市民参加を促進させることが重要である、と同氏は述べる。 「現在、インドでは1万5,000トンのプラスチックが廃棄されているが、その内、9,000トンしか回収されていない。」

一覧に戻る